• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 住宅メーカー・工務店選び

    注文住宅で新築を建てる依頼先を考えた場合ですが、依頼先は主に「工務店」「ハウスメーカー」「建築家」の3つに分けられます。簡単ですが基本的にどのような特徴があるか考えてみましょうか。
    まずは工務店です。
    工務店は設計・工事共に同じ会社が行います。
    地域に根ざした会社が多く、大工さんとコミュニケーションがとりやすいので、長年の工事の経験に基づいた提案をしてもらえることが特徴です。
    工務店は、代表者・社長の考え方に左右されることが多く、どのような理念また住宅に対する想いがあってどのような家造りをしていくかなどの独特な雰囲気が反映されます。
    何度か打ち合わせをする中でどのような会社なのか特徴を把握しましょう。
    ハウスメーカーはみなさんご存じだと思いますが、全国規模で家づくりをしている会社で、組織化された体制や経営の安定感が特徴です。
    モデルハウスやカタログなどから建てる家のイメージもしやすいでしょう。
    営業・設計・施工と担当が分かれるので、連携がきちんと取れているかどうかもひとつのポイントだと思います。
    また大手ハウスメーカーの場合は、建築コストや建材・素材の安定化を図っているため完全に建築依頼者の意見が取り入れにくい場合もあります。
    よく話をして自分が理想とする注文住宅での家造りが実現できるのかどうかを見極めましょう。
    建築家は家の設計して工事は工務店に依頼します。
    特徴は設計の自由度が高くこだわりにもこたえてくれます。
    建築雑誌や住宅雑誌でみて、この建築家の建物が良い!という人が見つかった場合には強い味方になってくれると思います。
    逆に建築家自身のこだわりや考え方に依頼者の考えと相違がある場合に打ち合わせやプランニングがスムーズに進まないこともあります。
    どこに依頼するかで注文住宅での家造りは変わってくるので依頼先を考える場合には直接何度か打ち合わせをして自分の考える家造りができるかどうか慎重に見極める必要があると思います。