• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 永く住める家造り

    注文住宅や一戸建てなど新築でお家を建てる場合に様々な家造りがあると思います。
    例えば自然素材の家造りや無添加住宅や健康住宅、また長期優良住宅でのいえづくりなどです。
    今回はその中から長期優良住宅の家造りについて話をしてみようと思います。
    長期優良住宅とは耐久性や耐震性、省エネルギー性などに優れた住宅のことです。
    永く数世代にわたっても暮らせる家造りを目指したしたものです。
    また維持管理や間取りの変更、リフォームなどもできるようにも考慮して建てられる家です。
    長期優良住宅を建てるメリットとして長期優良住宅促進法の認定を受けた家を建てた場合に住宅ローン減税や登録免許税の税率引き下げ、固定資産税減額期間延長などの減税措置を受けることができます。
    大半の方が住宅ローンなどの家造りの資金に関して頭を悩ませているため魅力的な事だと思います。
    長期優良住宅の基準はいい建物を作って手入れをして、長く生活ができるということを念頭に国が進めている家造りを進めています。
    一度建てた家が長期間持つということは家を建てるための建材などの消費量も抑えられるということになります。
    少し前に建てられた住宅は約30年で建て替えを考えなければいけないということがあり、建てては壊しまた建てるという消費サイクルから抜け出すことができるわけです。
    住宅の寿命がこれほどまで短いのは先進国の中では日本だけなのです。
    しかし長期優良住宅を建てるデメリットもあります。
    長期優良住宅を建てるためには図面が多くなり、また申請に時間がかかるということです。
    新築の住宅をいつまでに建てたいという強い希望のある方に関しては長期優良住宅で家造りを考えるならば住宅メーカーや工務店と工期の相談をしっかりとしておきましょう。