• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • これからの家造り

    今までの住宅ローンの低金利と消費税の引き上げ前ということで新築で住宅を建てたり、
    不動産物件から中古住宅や中古マンションを探してマイホームを取得するには最高のタイミングと言われていましたが、
    3月11日に発生した東日本大震災により状況は一変してしまいました。
    住宅建設に必要な建材・資材・住宅設備機器は東日本の被災地の復興のため全国的に不足することが予想されます。
    この建材の不足に関しては現在着工中の住宅に関しても工事の進み具合にもよりますが、資材・建材の出荷停止などにより工期の延長や引き渡しの延期などが考えられますし、
    新築のプランで決めていた資材などの代わりに代替え品を使用しなければ完成品などの影響がでるはずです。
    また今後家造りを考えている方のは相当な影響が出ると考えられます。
    資材や建材の価格が高騰することが予想されていますので今までの建築費よりも大幅に引き上げられるということなのです。
    また新築をあきらめて既存住宅の建て替えや不動産物件を購入してリフォームをするなどが大幅に費用が削減できることから、マイホーム取得の傾向も変わってくると考えられます。
    私の友人も滋賀で実家の建て替えを考えていましたが、この先のことを考えると滋賀のリフォーム会社を探して検討してみようかと言う事を言っていました。
    今まだ契約をしていない方は今後の経済状況や住宅業界の動きをしっかりと把握し、
    住宅会社や工務店の営業マンとしっかり建築費用や住宅建設に使われる資材・建材について確認をするようにしましょう。
    またこの2,3年は住宅会社も苦しい経営になるため倒産する会社も出てくることでしょう。
    気をつけていただきたいのは住宅を新築する費用は高くなりますが、
    建築費用の安い住宅を建てるとその先後悔することになるので安心して住めるお家造りを実現できる住宅会社、工務店を探すようにしましょう。

    依頼先選びと情報収集

    満足できる家づくりを誰もが考えていることだと思います。
    満足できる家造り行う為にも住宅会社や工務店などの依頼先をしっかりと見極める必要があります。
    自分や家族の意見や要望を取りこぼすことなく組んでくれる住宅会社や工務店と出会う事ができるかどうかが家作りの最大のポイントとなるのではないでしょうか。
    満足できる家づくりを依頼する住宅会社や工務店を探すにはまず情報収集から始めることだと思います。
    私の親戚も東京の品川区で戸建てを新築するために様々な住宅メーカーを調べて回っていました。
    住宅専門誌でさまざまな住宅会社や工務店の情報をチェックし、ホームページなどを見てどのような家造りをしているか、どのような理念で家造りをしているのか、
    どんなスタッフが働いているのか、これまで家を建ててきた客の満足度はどうなのかということを調べてみてましょう。
    気に入った住宅会社や工務店会社が見つかったらパンフレットやカタログなどの資料請求をしてみましょう。
    送られてくる資料は会社によって様々な違いがあると思いますが会社の概要や家作りの技術的な資料など
    最近では多くの資料を用意している住宅会社や工務店も多いので家づくりの知識の吸収のためにもしっかりと読みこんでおきましょう。
    送られてきた資料を読んで住宅会社やその会社の家づくりが気になったら、住宅展示場やモデルハウスに足を運んでみましょう。
    住宅展示場やモデルハウスの見学と共に住宅展示場にいるスタッフに家づくりの話を聞くようにしましょう。
    取り寄せた資料を読んで分からなかったことなどを質問してみることもいいと思います。
    また住宅会社や工務店によっては住宅展示場のモデルハウスのほかに実際に施工している住宅の見学会を多粉ている会社もあると思うのでそちらにも足を運んでみましょう。
    他に住宅の建材を販売しているサイトなどもみて建材についても知っておくといいですよ。