• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 動線に配慮した間取り

    暮らしやすさを高めるために一番重要なことは間取りです。各スペースをどのように配置するかで生活の送りやすさや家事のしやすさを高めることができると思います。動線を意識して間取りを考えることで暮らしやすい家になるのです。

    この動線には生活動線と家事動線があります。家族が快適に生活を送れるようにするには生活動線に配慮する必要があります。家事を効率よく行えるようにするには家事動線に配慮するといいのです。この動線をしっかりと考え間取りを決定しましょう。

    生活動線と家事動線どちらにも影響してくるのが洗面室です。帰宅して手洗いをする場所として、入浴の前後を過ごす場所として、歯磨きをしたり、お化粧やヘアセットなど身支度をする場所でもありながら洗濯をする場所でもあるのです。暮らしには欠かせないスペースです。
    この洗面室をどこに持ってくるかが非常に重要です。生活動線を考えると玄関から近いと帰宅してすぐに手洗いを行えます。また長時間過ごすリビングから浴室へ行ったり、歯磨きをしたりすることも多いです。これらを考えると玄関からもリビングからも近い方が便利です。

    また家事をする場所でもあるので家事動線を考えるとキッチンからも近い位置にあることが望ましいです。キッチンで家事をしながら洗面室で違う家事をするという機会が多いからです。洗面室を住宅の中心に持ってくるのもいいでしょう。中央部分にあることでどのスペースからも行き来しやすくなります。洗面室を回遊型にするのも動線がスムーズです。

    家事動線を重視する主婦も多いです。キッチンの真横に洗面室を設けることで動線が短く、家事の効率も高められます。このように動線を考えることでその後の暮らしが大きく変わってきます。しっかりと動線を意識して間取りを決めましょう。