• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 二つの玄関

    我が家の新築住宅にはメインのお客様用玄関と、シューズクローク側に家族用の玄関と二つ玄関を設けました。玄関をこのようなスタイルにしたのには、現在住んでいる住宅への不満を解消するためです。

    現在住んでいる住宅の玄関には収納力のない靴箱を設置しています。収納力がないことで玄関スペースに靴が散らかり、子どもや旦那さん達が帰ってくると玄関スペースは靴で埋まり、その光景を見るたびイラッとしていました。それを片付けるのは私だからです。玄関が片付いていない時に限って、不意に訪れるお客様があるものです。新しい家では急なお客様でもすぐに対応でき、スッキリときれいな玄関にしたいと思っていました。家族用とお客様用の玄関の動線を分けることで、これを実現できるのです。

    また家族用の玄関にはシューズクロークを設けます。天井にまで広がる大容量に靴をしまえるシューズクロークがあれば、旦那さんや子ども達も自分の靴を取り出し、あった場所にしまうという習慣を身に着けやすくなります。靴をしまった後、そのまま室内へ行ける動線を確保しておくことで、暮らしやすさにも繋がります。

    このシューズクロークには靴や傘だけでなく、外で使用する物もしっかりと収納しておけるようにします。ついベビーカーや三輪車などが玄関スペースや玄関ポーチ部分に置きっぱなしになってしまいます。これらが玄関スペースを占領することで玄関に圧迫感を与えてしまいます。物がきちんと片づけられ、玄関と室内をスムーズに行き来できる動線を確保することで玄関の快適性を高められると思います。

    小上がりの和室

    住宅の中にどこか一室和室を取り入れたいと考える人は多いと思います。日本人なら和室を居心地の良さは大事にしたいものです。

    最近では独立した和室を設けるよりも、リビングの一角に和室を設けたり、リビングの延長線上に和室を設けるスタイルが人気となってきました。このような和室を設けることで、和室をより身近な存在に感じ、普段使いしやすい空間になるのです。子どもが遊ぶスペースとして、また家事を行うスペースとして、パソコンをするスペースとして、宿泊ルームとしてなど多目的で使用できる便利な和室になるのです。

    しかし洋風のリビングと違和感なく和室を繋ぐには小上がりにするのが一番いいと思います。扉や壁で区切るのでは空間に圧迫感を感じてしまいます。小上がりにすることで段差が生まれ、この段差が空間を緩やかに区切ってくれ、LDKとの一体感を感じながらも、和室を独立した空間にも感じられるようになるのです。小上がりにすることでサッと腰を下ろせる便利な腰掛になります。また畳下に生まれるスペースを活用して収納スペースを確保できるのです。

    和のテイストを強めたい人は掘りごたつにすることだってできるのです。小上がりの和室にしかない魅力がたくさんあると思います。和室と言っても今までのように床の間があり、純和風の和室を求める人は数を少なくしてきました。今の時代に合った和室の楽しみ方を味わってみるのもいいのではないでしょうか。我が家の新築住宅にはこの小上がりの和室で友人宅との和の空間に差をつけたいと思っています。