• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 安全性を確保した浴室

    浴室は一日の体の汚れを落とす場所でもありますし、体を芯から癒してくれる最高にリラックスできる場所でもあります。しかし家庭内の事故が多い場所でもあることを忘れてはいけません。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は家庭内で最も危険な場所の一つなのです。特に小さい子どもや足腰の弱った高齢者のいる家庭では安全性の確保をしっかりと行う必要があるのです。

    従来の浴室の床はつるつるしたタイルの床でした。滑って転びやすく、また転んでしまうと大きなケガをすることもあります。しかし最近の浴室の床は表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものもあり、膝を直接ついても痛くないですし、大きなケガにも繋がりません。

    浴槽で溺れるのを防ぐためにも、洗い場から浴槽へのまたぎをしやすくすることが大事です。以前は和式の高さのある浴槽が多かったです。また床に置くタイプだったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければいけませんでした。小さい子どもや高齢者にとってはとても入りづらいものです。また浴槽で溺れる原因にもなるのです。最近は半埋め込み式が主流となり、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなったことで、浴槽への出入りがスムーズになりました。また浴室内では立ったり、座ったり、またいだりなど動きが多いです。適材適所に手すりを設置すると安全性をより高められますし、入浴もしやすくなります。しっかりと安全性を確保し家族みんなが安心して入れる浴室にしましょう。