• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • シューズクロークの動線

    玄関をスッキリとさせるために、玄関横にシューズクロークを設ける家庭が非常に増えてきました。シューズクロークの収納力を充実させることで、玄関スペースに靴箱を設置する必要はなくなりますし、玄関に置きっぱなしになっていた物をきちんと片づけることができるのです。我が家はこのシューズクロークの動線に注目してみました。

    シューズクロークを行き止まりにしてしまうのではなく、シューズクロークから室内へ入れるようにしておくことでスムーズな動線を確保できるのです。靴や物をしまうのと同時にそのまま室内へ入ることができるのでより便利で使い勝手のいい玄関収納となるのです。またシューズクローク内に室内で使用する物を収納しておくこともできるのです。これはシューズクロークの動線を室内に繋げたことで実現できたことです。シューズクロークの動線を室内で繋ぐことで、通路分の広さを確保しないといけないので収納力が落ちてしまうのも事実です。行き止まりにすればその部分にも物を収納しておくことができます。

    シューズクロークの収納量という一点から考えると行き止まりのシューズクロークの方がいいのです。しかし我が家のように、室内で使用するものもシューズクロークに収納しておきたいと考える人や、シューズクロークからスムーズに室内へ入れるように動線を重視したいと考える人は、行き止まりのシューズクロークにしない方がいいのです。我が家は室内への動線をスムーズにできたことで、子どもや旦那さんが自分の靴を自分で管理するようになりました。シューズクロークをどのようにするかで玄関周りも大きく変化するだけに動線にも注目してほしいと思います。