• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • リビング学習

    子ども達が勉強する場所は、リビングやダイニングという家庭が大部分です。二階に設けた子ども部屋で勉強を行うのはほんの数年なのです。そこで最近ではリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設け、子どもが勉強をしやすい環境を整えた間取りが人気となっています。

    このスタディーコーナーがなければ、食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしなければなりません。食事をする場所と勉強がする場所が同じというのも生活のメリハリが損なわれますし、食事をする場所に消しゴムのカスが散らかるのも衛生的によくありません。ローテーブルだと身長に合わず姿勢を悪くしてしまうのです。

    そこで我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。子ども達が二人並んで勉強ができる横幅を確保すること、そして教材を広げて勉強がしやすい奥行を確保しました。キッチンで家事をしながら子ども達が勉強している様子が確認できると安心できますし、子ども達とコミュニケーションを取ることもできます。宿題のチェックもしやすいのです。

    カウンターの下には3段引き出しを組み合わせ、上部には吊り戸棚を設け勉強道具がきちんと整理できるようにしました。勉強道具だけでなく、LDKの収納スペースとしても利用しています。勉強をしない時はカウンターの上をきれいに片付けられ生活感を感じさせません。LDKの一角に設けるスタディーコーナーであるだけに見た目の美しさも大事です。子ども達が成長して利用しなくなれば、裁縫スペースやパソコンスペースとしても利用でき便利な作業スペースとなるのです。