• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 家族の繋がりを大事にできる家

    家族がホッと安らげてリラックスできるマイホーム。このマイホームで過ごす時間をより家族の繋がりを感じられる家にしたいものです。そこでまず最近人気のリビング階段を採用しました。リビング階段の魅力は、家族のコミュニケーションが取りやすい家になるということです。子ども達が二階の部屋へ行きたいと思っても、家族の集まるリビングを通らなければ二階の部屋には行けません。自然とリビングで家族が顔を合わせる機会が作られ、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。

    子ども達が思春期を迎えると、親と顔を合わせることも会話をすることも嫌がる時期が来ます。この時リビング階段でなければ、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないということも起きてしまうかもしれません。このような状況を避けるためにもリビング階段は有効なのです。このリビング階段は、子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。家族が顔を合わせることで、親は子どもの小さな変化にも気づいてあげられ、対応できるのです。これも子どもの犯罪率に大きく影響してくるのではないでしょうか。

    このリビング階段とリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けを取り入れることで一階と二階をより身近に感じられるのです。吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で会話もしやすいのです。階段を上がった先のホールにはファミリースペースを設けています。家族で集えるスペースが一階だけでなく二階にもあるのは嬉しいものです。このような住宅にしたことで家族の繋がりを感じられる住まいとなっています。

    Comments are closed.