• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 自分の時間を大切にできる住まい

    住宅は家族みんなで過ごす時間も大事ですが、個々の時間も大切にしたいものです。子どもが小さいと家族みんなで過ごす時間がほとんどで、リビングで遊んだり、勉強をしたり、食事をしたり、くつろいだりすることと思います。しかし、大人がくつろいでいる周りにおもちゃが広がっていると生活感で溢れてしまい、つい子どもに「片付けなさい」と怒ってしまいがちです。

    そこでリビングの一角にキッズスペースを設けて、子どもが自分の時間を楽しめる空間を設けてあげてはどうでしょうか。幼少期だけしか利用しない空間にしてはもったいないので、カウンター造り付けスタディーコーナーとしても利用できるようにしておくのです。このようなスペースを設けることで、思い切りおもちゃを広げて遊ぶことができながらも、リビングにはおもちゃが散らかりにくくなります。

    大人はよりリビングでくつろげますし、子ども達も遊びに集中できたり、勉強への集中力も高められるのです。リビング学習は学力を向上させると言われているだけに、スタディーコーナーがあると生活のメリハリも生まれます。また、大人たちの時間も大切にしたいものです。そこで寝室に書斎スペースやミセススペースを設けて、子ども達が寝た後の時間を有効に利用してみるのもいいでしょう。

    子どもが小さいと寝室で家族みんなで寝るという家庭も多いです。それだけに寝室にこのようなスペースを設けることで、子ども達が寝た後の時間を有意義に利用しやすくなりますし、寝室をただ寝るだけのスペースとするのでは空間がもったいないのです。程より高さの壁で互いの空間を区切り、気になる視線もカットできるようにします。趣味の漫画を読んだり、パソコンを見たり、ママはお肌のナイトケアを行ったりと個々の時間を満喫しやすくなるのです。家族の時間だけでなく、個々の時間にも目を向けて家造りを行いましょう。

    Comments are closed.