• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 自然素材と暮らす家

    我が家は、床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまでふんだんに地元で有名な杉を使用しました。地元の素材をふんだんに取り入れたことで木材利用ポイントの補助金もあり、お得に家造りを進めることができました。

    無垢材に囲まれた室内は、木の温もりや香り、木目の美しさを目で見て感じ、そして実際に触れることで感触の良さを実感できています。肌が直接触れることの多い床は、浮造りにしました。これは、柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせたもので、見た目の美しさが高められますし、肌触りの良さを高めることができるのです。

    年輪を凹凸で立体的にして足裏を適度に刺激することでマッサージ効果が得られますし、足裏のツボを刺激することで血行も良くなり冷え症の人にも安心して利用できます。また、子ども達の偏平足防止や滑り止めになり、心と体を癒してくれるのです。

    そして壁には、カラーバリエーションやデザインに豊富なビニールクロスが使用されることが多いのですが、我が家は和紙塗壁を採用しました。和紙でできている壁は、暖かな肌触りと温もりを与え、それでいて十分な強度を保ちます。化学接着剤や化学塗料を全く使用していないので、とても体にやさしい安全な壁材なのです。これは調湿効果に優れています。室内の水分が多いと水分を吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。そのため一年を通して室内の快適な環境へと導いてくれるのです。日本の家屋に適した壁材と言えるのです。素材にこだわることで室内の快適性を高められるだけでなく、そこで住む家族の健康もしっかりと守ることができるのです。

    Comments are closed.