• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 住宅ローンの諸費用について

    住宅ローンを借りるためにはお金が必要になってきます。
    住宅ローンでも公団流し台から高価なキッチンに変えたりと住宅設備に凝ると借入額も多くなってしまうので諸費用が大きな負担となることがあります。
    諸々のお金ということで諸費用といったりします。
    住宅ローンを借りるときには返済途中で万が一死んでしまったときのために保険に加入をしなければいけません。
    この保険を団体信用生命保険というのですが、これに入っておくことによって万が一死んでしまったときには保険金で住宅ローンの返済をしなくてよくなります。
    団体信用生命保険の加入が任意な住宅ローンもあるのですが、加入しなければ万が一死んでしまっても、住宅ローンの返済は残るので残された家族がその返済をしていくことになります。
    そうならないようにするためにも団体信用生命保険には加入しておくのがいいのです。
    品川区で戸建てを購入した叔母も団体信用生命保険に加入していました。
    住宅ローンの返済ができなくなったときのために金融機関は保証人を付けることを要求します。
    住宅ローンみたいに大きな金額であれば個人の保証人でもいいのですが、これだけ大きな金額なので個人で保証人を見つけることは難しいでしょう。
    そのため住宅ローンの保証人には保証会社が保証人になります。
    保証会社は保証人になることで保証料をもらうことによって経営しています。
    そのため、住宅ローンを借りるときには保証料が必要になります。
    保証料の額は大きく数十万円以上になるでしょう。
    保証料の払い方としてはまとめて支払う方法と住宅ローンの金利に組み込む方法があります。
    住宅を登記するための税金や手数料も必要になります。
    登記というのはその住宅の権利が誰にあるのか、どのような状況なのかなどを登記簿に記載をすることです。
    住宅ローンの手続きのための事務手数料や契約書に貼る印紙代などもかかります。
    住宅ローンを借りるときにはどのようなお金が必要になるのかを知っておくようにしましょう。
    住宅ローンでは土地代も一緒に借りることもできます。
    大分の土地に住宅を建てた友人も土地と住宅合わせて借りていました。

    住宅会社決めと家造りの費用

    家造りを考えた時にどの住宅メーカーや工務店に家造りの依頼をするかということが一番難しい問題になると思います。
    注文住宅や一戸建ての家造りを依頼するため建築雑誌を買い集めてみたり、インターネットで家を建てる地域が該当している住宅会社や工務店のホームページを検索してみたり、
    住宅展示場やモデルハウス、新築の建物見学会などを見に行ってみたりすることだと思います。
    そのうち何件かの住宅メーカーや工務店に絞っていき同時に複数の住宅会社と打ち合わせをしていくことでしょう。
    新潟で新築住宅を建てようと考えている親戚もどこの工務店もしくは住宅会社に依頼するか迷っている所です。
    中で必ず出てくる問題が家を建てるための金額です。
    複数の住宅会社や工務店と話をしていく中で家造りの希望条件やこだわりなどを含んだ同じ条件で見積もりを出しても事があると思います。
    どの住宅会社も契約を取るために必死に見積もり書を作ってくることでしょう。
    家造りを考えた時に依頼する住宅メーカーや工務店を決めるとともにもう一つ問題なのは家造りにかける費用・住宅ローンの借り入れだと思います。
    中には銀行やインターネット上の住宅ローンシュミレーションなどで自分がいくらまで借り入れができる、どの位の予算の家を建てられると言う概算も出している方もいると思います。
    そして誰もができるだけ低予算でマイホームを建てたいと思っているはずです。
    見積もりの結果を見る時にやはり提示された金額に目を奪われてしまうことだと思います。
    しかし金額が低いということは家造りに使われる建材や住宅設備のグレードに反映されていることが多いようです。
    注文住宅や一戸建ての家を建てる時にマイホームをローコストで手に入れることが目的なのか、
    満足できる家作りが目的なのかもう一度考え直してみることが必要ではないでしょうか。

    家造りや不動産購入。

    注文住宅で家造りをすることに関してのブログを始めようと思います。
    これから注文住宅や戸建ての家造りを考えている方や新築でなくても中古住宅や中古マンションの購入、土地探しなどの不動産物件の購入を考えている方たちと情報共有できるようになりたいなぁと思っているのでよろしくお願いします。
    家を建てるって言うことは人生最大の買い物だと思います。35年もローンを組んだりするわけですからそう思いませんか?
    いうならば家を買うっていうよりも人生そのものを買うっていう方が的確なのかもしれませんね。お金のある方は何件も新築で注文住宅を建てたり、中古マンションや中古住宅を購入することができると思いますが、庶民にとっては一生に一度きりですよね。
    やっぱり失敗や後悔はしたくない!誰もが思うことでしょうけどね。
    また不況、不況と言いつつも金利が低水準の今が新築の建て時、不動産物件の買い時でしょう!この金利の低水準がいつまで続くかもわからないし、もうすぐ金利も上がるっていう話も聞きますから。
    大きなお金を投入するわけですから賢くやっていかないと!政治的にも今の民主党(まぁ民主党じゃなくなっても?)消費税は確実に上がりそうな雰囲気だし。
    新築を建てる時や不動産物件を買う時の手数料なんかも考えると消費税が5パーセントと10パーセントじゃえらい違いですよね。
    まぁ今後は金利や消費税が上がった時に新築を建てようと思った人が予算的に建てられなくなった時に不動産部件に流れるという話もあるみたいだけど。
    新築で注文住宅を建てるなら本当に今!っていう感じです。