• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 広縁のある和室

    友人宅の和室には広縁が設けられていまいた。広縁とは幅の広い縁側のことです。縁側という言葉も今では懐かしささえ感じられます。しかし、広縁のある和室はとても素敵な空間が広がっていましたし、とても実用性の高い空間でもあるのです。広縁と和室の境には建具が設けられており、建具を開け放ては和室がより広々とした空間となります。

    広縁があることで庭との一体感が高まります。ここの天井には室内物干しが設けられていました。雨や雪などの悪天候時や夜洗濯を行った場合、外出して帰宅が遅くなる時、花粉が多く飛散する時期や大気汚染物質が多く飛来する時などあらゆるシーンで活躍してくれます。

    毎日屋外に洗濯物を干せるわけではないので室内にも衣類を干せる環境を整えておくと家事がスムーズに行えます。ここに洗濯物を干す場合は、和室との境の建具は閉めておきます。建具で閉めておくことで洗濯物が目に入らないので生活感を感じさせませんし、和室にお客様をお通しすることもできます。

    最近では住宅の洋風化が進んでいるので和室が一室も設けられていない住まいが多い中、広縁のある和室は風情があり、それでいて現代風に利用しやすさも高い空間となっていました。日本人なら和室はこれからも大事にしたい空間の一つではないでしょうか。

    小上がりの和室

    住宅の中にどこか一室和室を取り入れたいと考える人は多いと思います。日本人なら和室を居心地の良さは大事にしたいものです。

    最近では独立した和室を設けるよりも、リビングの一角に和室を設けたり、リビングの延長線上に和室を設けるスタイルが人気となってきました。このような和室を設けることで、和室をより身近な存在に感じ、普段使いしやすい空間になるのです。子どもが遊ぶスペースとして、また家事を行うスペースとして、パソコンをするスペースとして、宿泊ルームとしてなど多目的で使用できる便利な和室になるのです。

    しかし洋風のリビングと違和感なく和室を繋ぐには小上がりにするのが一番いいと思います。扉や壁で区切るのでは空間に圧迫感を感じてしまいます。小上がりにすることで段差が生まれ、この段差が空間を緩やかに区切ってくれ、LDKとの一体感を感じながらも、和室を独立した空間にも感じられるようになるのです。小上がりにすることでサッと腰を下ろせる便利な腰掛になります。また畳下に生まれるスペースを活用して収納スペースを確保できるのです。

    和のテイストを強めたい人は掘りごたつにすることだってできるのです。小上がりの和室にしかない魅力がたくさんあると思います。和室と言っても今までのように床の間があり、純和風の和室を求める人は数を少なくしてきました。今の時代に合った和室の楽しみ方を味わってみるのもいいのではないでしょうか。我が家の新築住宅にはこの小上がりの和室で友人宅との和の空間に差をつけたいと思っています。