• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 不動産取得税

    不動産取得税について、詳しくみていこうと思う。
     不動産取得税とは、不動産を取得した際に、その不動産を取得した都道府県知事から課税されるシステムである。国ではなく、都道府県だ。さらにこれは、単に売買などで手に入れた時だけではなく、増築や改築の際にも課税されるというのだから、私にとっては驚きだ。増築や改築により、物件の価格が変動するからだという。ただでさえ増築、改築費用がかかるというのに、それに上乗せさせて課税するとなると、リフォームをするのにも躊躇してしまう。
     さらに贈与を受けた場合も課税される。これはあくまで不動産取得税であって、贈与税はまた別途、課税されるそうだ。税金の嵐である。ただし相続で不動産を受け継いだ場合には、不動産取得税は課税されないそうだ。ただし相続税が課税されるので、まぁ似たようなものである。ただで物件は手に入れられない。
     さて、注目すべきはその税金の価格である。税額の計算式は、課税標準×税率で表されるらしい。課税標準とは、固定資産課税台帳に登録されている価格だという。税率は、原則として4パーセントだ。ただし住宅や土地を取得した際は優遇されていて3パーセントとなる。それはそうだろう。マイホームを取得するのに夥しい税金を課せられては、誰も家など建てたくなくなる。これは新築住宅を取得した際には、一戸につき1200万円が控除されるらしい。共同住宅の場合はその部屋数により、四戸ならば1200×4で4800万円が控除されることになる。これに加え宅地を取得した場合は、台帳登録価格の二分の一が課税標準となるそうだ。