• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 平屋住宅

    最近建てられる住宅の大部分は2階建て住宅です。以前はよく目にしていた平屋住宅も最近では数を少なくしてきました。しかし終の棲家として平屋住宅に憧れを抱く人は多いです。年齢に関係なく、安心で快適に暮らせる平屋住宅にも目を向けるべきだと思います。

    まず平屋住宅の魅力は、部屋から部屋への移動がコンパクトでスムーズに行えることです。
    二階建て住宅では移動の際に階段の上り下りを必要とすることがあります。この階段が住宅の安全性を欠いているのです。住宅内の事故で多いのが、この階段からの落下や転倒事故です。家族が安心して暮らせる家にするには階段のない平屋住宅が一番なのです。

    またこの階段があることで階段下にはデッドスペースが生まれます。平屋住宅は階段を設けないので、住宅内にデッドスペースを生まない家とも言えるのです。お掃除という観点からも階段がないことで手間が省けます。階段を掃除機を持って上り下りするのは意外と体に負担となります。階段のない家は安全性と移動のしやすさ、そして掃除の手間を省くことに繋がるのです。

    ワンフロアなので家族がそれぞれの空間で過ごしていたとしても、互いの気配を身近に感じられ、孤独感がなく家族の繋がりを感じられる家となります。家族の繋がりを感じられることで安心感も高まります。しかし平屋住宅で部屋数や収納を確保しようとすると、どんどん面積が大きくなって予算もかさんでしまいます。当然ある程度の広さを必要とすることは頭に入れておきましょう。世代を問わず暮らしやすさを感じられる平屋住宅に憧れてしまいます。