• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 二つの玄関

    我が家の新築住宅にはメインのお客様用玄関と、シューズクローク側に家族用の玄関と二つ玄関を設けました。玄関をこのようなスタイルにしたのには、現在住んでいる住宅への不満を解消するためです。

    現在住んでいる住宅の玄関には収納力のない靴箱を設置しています。収納力がないことで玄関スペースに靴が散らかり、子どもや旦那さん達が帰ってくると玄関スペースは靴で埋まり、その光景を見るたびイラッとしていました。それを片付けるのは私だからです。玄関が片付いていない時に限って、不意に訪れるお客様があるものです。新しい家では急なお客様でもすぐに対応でき、スッキリときれいな玄関にしたいと思っていました。家族用とお客様用の玄関の動線を分けることで、これを実現できるのです。

    また家族用の玄関にはシューズクロークを設けます。天井にまで広がる大容量に靴をしまえるシューズクロークがあれば、旦那さんや子ども達も自分の靴を取り出し、あった場所にしまうという習慣を身に着けやすくなります。靴をしまった後、そのまま室内へ行ける動線を確保しておくことで、暮らしやすさにも繋がります。

    このシューズクロークには靴や傘だけでなく、外で使用する物もしっかりと収納しておけるようにします。ついベビーカーや三輪車などが玄関スペースや玄関ポーチ部分に置きっぱなしになってしまいます。これらが玄関スペースを占領することで玄関に圧迫感を与えてしまいます。物がきちんと片づけられ、玄関と室内をスムーズに行き来できる動線を確保することで玄関の快適性を高められると思います。

    玄関ドア

    住宅に足を踏み入れるまず一番最初に開けるドアが玄関ドアです。
    玄関は住宅の顔とも言われています。そこに設けられるドアは高いデザイン性が求められるのはもちろんのこと、断熱性や気密性なで機能性に優れたものを選びたいですし、防犯対策も忘れてはいけません。

    先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。一緒に買い物へ行き帰宅したのですが、友人はカバンから玄関キーを出すことなく、玄関に設けられたボタンを押すだけで施錠できスムーズに室内へ入ることができたのです。
    私も友人もまだ小さい子どもがいます。
    買い物から帰宅すると車で寝てしまった子どもを抱えて、買い物の荷物を抱えて家に入るということはよくあります。
    しかしこのような状況でもこのような機能性に優れた玄関ドアにしておくことで、スムーズに玄関を行き来できます。

    専用リモコンをカバンやポケットに入れておけば、玄関ドアに取り付けられたボタンを押すことで二つのロックが解錠されるのです。
    そしてドアが閉まると自動施錠されるので防犯対策としても有効的です。
    カーポートから玄関までわずかな距離ですが、子どもを抱えて、また重たい荷物を抱えて移動するのは意外と大変なのです。
    この悩みを解消するためにもこのような機能性に優れた玄関ドアはいいなと思いました。リモコンキーで少し離れたところから解錠・施錠することもできるので便利さは高まります。

    住宅のメインのドアとなる玄関ドアはデザイン性にも機能性にも充実したものを選びたいものです。