• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 高齢者向け住宅のポイント

    家は長い間使うものです。誰でも年をとります。現在高齢者と住んでいる人ばかりでなく、誰でも20年30年というスパンで考えると、年をとったときを考えて計画をしておくのが良いでしょう。

    基本的な留意すべき点について考えて見ましょう。

    1 日常的な動作を妨げない工夫をする・・・これは、開けにくい重たい扉や部屋間の移動の障害になる段差、車椅子が通れない狭い廊下などを排除します。また、高齢者の寝室とトイレやお風呂を近くに配置することも大切です。
    2 事故を引き起こす可能性があるものを排除する・・・転倒の可能性がある床の段差や滑りやすい床材、ヒートショックの恐れがある部屋間の温度差、御操作の恐れがある複雑な設備機器を極力使用しないようにします。
    3 補助装置の設置や将来設置するための準備・・・階段・トイレ・浴室の手すりや、移動を補助するエレベーターなどを設置するか、将来の設置を想定し、スペースを確保し、下地の補強をしておくなどの対策を講じます。

    具体的なポイントは、次のようです。
    洗面所は椅子に座っても使用できる高さにし、収納スペースは手が届く範囲に設置します。
    浴室の扉はアクリルなどわれにくいものにし、浴槽はまたぎやすい高さで、腰掛を設置するなどの配慮をします。
    台所は、火を使わない電磁調理器具が安全です。
    どの部屋も介護を想定して広いスペースを確保します。建具は引き戸など開閉が楽なものを、床材は水にぬれても滑らないものを選びます。水栓金具やドアハンドルはレバー式などが操作性が高いでしょう。証明や設備機器のスイッチは大きめにしましょう。緊急時に備え、ブザーを設置すると安心です。