• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • 家事専用スペース

    主婦の憧れとも言われている家事専用スペース。最近では、このスペースが設けられることが増えています。これは、家事の中心であるキッチンとそのキッチンとよく行き来を行う洗面室を繋ぐ形で設けられることが多いです。建具で仕切って個室として利用できるようにしたり、あえて洗面室との境には建具を設けず動線のスムーズさを確保したウォークスルータイプにする家庭もあります。

    洗濯物を洗う・干す・たたむという作業が同じスペースで行えるため効率よく家事を行うことができるのです。広さに余裕があればファミリークローゼットを設けて、しまうという作業も行えるようにしておくと格段に家事が楽になります。洗濯物をたたんだり、アイロンやミシンを使用するカウンターを造り付けておきます。広さに余裕を持たせておけば、これらの作業が行いやすいですし、家事や育児の合間の休憩スペースとして一人の時間を満喫するにもいいのではないでしょうか。

    家事全般を行えるスペースを設けておくことで、作業が楽に、そしてスムーズに行えるようになります。その結果、家事の時短を実現でき自分の時間にゆとりが生まれるのです。家事室にはここで使用する道具もきちんと収納できるようにスペースを設けておきましょう。出して、使用して、しまうという作業も楽に行えて家事への不満も生まれにくくなります。アイロンなど電化製品を使用することもあるので配線計画はしっかり行っておくこともわすれてはいけません。家事を楽に、効率よく行うことができるスペースはまさに主婦の憧れですね。

    家族の繋がりを大事にできる家

    家族がホッと安らげてリラックスできるマイホーム。このマイホームで過ごす時間をより家族の繋がりを感じられる家にしたいものです。そこでまず最近人気のリビング階段を採用しました。リビング階段の魅力は、家族のコミュニケーションが取りやすい家になるということです。子ども達が二階の部屋へ行きたいと思っても、家族の集まるリビングを通らなければ二階の部屋には行けません。自然とリビングで家族が顔を合わせる機会が作られ、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。

    子ども達が思春期を迎えると、親と顔を合わせることも会話をすることも嫌がる時期が来ます。この時リビング階段でなければ、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないということも起きてしまうかもしれません。このような状況を避けるためにもリビング階段は有効なのです。このリビング階段は、子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。家族が顔を合わせることで、親は子どもの小さな変化にも気づいてあげられ、対応できるのです。これも子どもの犯罪率に大きく影響してくるのではないでしょうか。

    このリビング階段とリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けを取り入れることで一階と二階をより身近に感じられるのです。吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で会話もしやすいのです。階段を上がった先のホールにはファミリースペースを設けています。家族で集えるスペースが一階だけでなく二階にもあるのは嬉しいものです。このような住宅にしたことで家族の繋がりを感じられる住まいとなっています。

    一階が見渡せる中二階スペース

    先日完成した友人宅へ遊びに行きました。その住宅には特徴的なスペースが設けられていました。それは階段途中のホール部分の広さを確保し、中二階スペースを設けていたのです。この中二階スペースは一階を覗けばLDKが見渡せ、LDKからも中二階スペースに目が行き届くようになっていました。

    階段というと一階と二階を繋いでくれる通路でしかないと思っていた私はこのような活用法があることに驚きました。一階との繋がりを感じながらも、ここで過ごす時間は個室のような感覚も得られるのです。

    昼間はここをキッズスペースとして利用していました。ここには空間にピッタリのカウンターが設けられていました。このカウンターを利用してお絵かきをします。カウンターに座ると一階が見渡せ、一階にいる家族と会話をしながらキッズスペースで遊ぶことができるのです。またここにはおもちゃなどを収納しておけるスペースも設けられていました。そんなに広々とした空間ではないだけに物がきちんと片付けられる収納スペースがあると空間を有意義に使用できます。

    子どもがここで遊んでいても、キッチンで家事をしながらきちんと子どもに目が行き届くので家事と育児の両立もしやすくなるのです。夜はここをパソコンスペースとして友人が使用しているようです。パソコンを使って仕事をしたり、ブログを書いたりしているのでここでパソコンをすることで仕事に集中できたり、自分の時間を楽しむスペースとして利用しているのです。子ども達が二階で過ごす時間が増えてもこの中二階スペースで過ごす時間は互いの存在を身近に感じることもできるため安心度も高まります。中二階スペースは素敵だなと思いました。

    シューズクロークの動線

    玄関をスッキリとさせるために、玄関横にシューズクロークを設ける家庭が非常に増えてきました。シューズクロークの収納力を充実させることで、玄関スペースに靴箱を設置する必要はなくなりますし、玄関に置きっぱなしになっていた物をきちんと片づけることができるのです。我が家はこのシューズクロークの動線に注目してみました。

    シューズクロークを行き止まりにしてしまうのではなく、シューズクロークから室内へ入れるようにしておくことでスムーズな動線を確保できるのです。靴や物をしまうのと同時にそのまま室内へ入ることができるのでより便利で使い勝手のいい玄関収納となるのです。またシューズクローク内に室内で使用する物を収納しておくこともできるのです。これはシューズクロークの動線を室内に繋げたことで実現できたことです。シューズクロークの動線を室内で繋ぐことで、通路分の広さを確保しないといけないので収納力が落ちてしまうのも事実です。行き止まりにすればその部分にも物を収納しておくことができます。

    シューズクロークの収納量という一点から考えると行き止まりのシューズクロークの方がいいのです。しかし我が家のように、室内で使用するものもシューズクロークに収納しておきたいと考える人や、シューズクロークからスムーズに室内へ入れるように動線を重視したいと考える人は、行き止まりのシューズクロークにしない方がいいのです。我が家は室内への動線をスムーズにできたことで、子どもや旦那さんが自分の靴を自分で管理するようになりました。シューズクロークをどのようにするかで玄関周りも大きく変化するだけに動線にも注目してほしいと思います。

    動線に配慮した間取り

    暮らしやすさを高めるために一番重要なことは間取りです。各スペースをどのように配置するかで生活の送りやすさや家事のしやすさを高めることができると思います。動線を意識して間取りを考えることで暮らしやすい家になるのです。

    この動線には生活動線と家事動線があります。家族が快適に生活を送れるようにするには生活動線に配慮する必要があります。家事を効率よく行えるようにするには家事動線に配慮するといいのです。この動線をしっかりと考え間取りを決定しましょう。

    生活動線と家事動線どちらにも影響してくるのが洗面室です。帰宅して手洗いをする場所として、入浴の前後を過ごす場所として、歯磨きをしたり、お化粧やヘアセットなど身支度をする場所でもありながら洗濯をする場所でもあるのです。暮らしには欠かせないスペースです。
    この洗面室をどこに持ってくるかが非常に重要です。生活動線を考えると玄関から近いと帰宅してすぐに手洗いを行えます。また長時間過ごすリビングから浴室へ行ったり、歯磨きをしたりすることも多いです。これらを考えると玄関からもリビングからも近い方が便利です。

    また家事をする場所でもあるので家事動線を考えるとキッチンからも近い位置にあることが望ましいです。キッチンで家事をしながら洗面室で違う家事をするという機会が多いからです。洗面室を住宅の中心に持ってくるのもいいでしょう。中央部分にあることでどのスペースからも行き来しやすくなります。洗面室を回遊型にするのも動線がスムーズです。

    家事動線を重視する主婦も多いです。キッチンの真横に洗面室を設けることで動線が短く、家事の効率も高められます。このように動線を考えることでその後の暮らしが大きく変わってきます。しっかりと動線を意識して間取りを決めましょう。

    二階に第二のリビングを

    二階に寝室、子ども部屋を設けている家庭は多いと思います。
    子どもが大きくそれぞれの個室で過ごすようになれば二階に居る時間は長いですが、子どもが小さい間は二階で過ごす時間は短いものです。
    寝る時だけしか居ないというケースも多いでしょう。我が家が現在このような状況です。
    二階建ての賃貸住宅で暮らしているのですが、子どもが小さいこともあり二階で過ごすことはほとんどありません。

    そんな我が家も新築住宅を建てることになりました。
    新築住宅では二階スペースも家族で楽しく過ごせるように二階に第二のリビングルームを設けようと思っています。
    二階にも家族で集う場所を設けることで二階で過ごす時間も増えることでしょう。
    第二のリビングルームは階段を上がった先のホール部分を活用する予定です。
    この空間を二階の中心として寝室や子ども部屋へ行き来できるようにします。

    なので我が家の二階には廊下がありません。廊下がないことで空間を有効的に活用できるのです。二階のファミリールームを設けることができたり、寝室や子ども部屋をより広々と確保できます。
    この二階のファミリールームでは寝る前の時間ここで過ごすには最適の場所となります。眠くなればすぐに寝室に行って寝られるので便利です。
    子どもが成長しお友達が遊びに来た時もこの空間を利用してゲームをしたりと遊ぶスペースとしても重宝することと思います。

    住宅は一階も二階もそれぞれの楽しみ方をしたいものです。
    二階をただ寝るだけのスペースとして活用するだけではもったいないです。
    ファミリールームを設けて家族と過ごす場所を造ったり、多目的に使用できる空間があるといいのではないでしょうか。

    子ども部屋

    我が家には小さな子どもが二人います。新築住宅を建てるのですが子ども部屋をどのようにしようか迷っています。
    最近の子どもは家族のいるダイニングやリビングで勉強や宿題をする人が大変多いです。また小学生頃までは親と一緒に寝るという家庭も少なくないと思います。

    このことを考えると最初から二人の子供に個室を設けていてもほとんど使わないという状況になります。せっかくのスペースがほとんど使われないとなるともったいないです。

    そこで我が家は子ども部屋は広々としたワンルームにしようと思います。
    二階にも子ども達が仲良くそしてのびのび遊べる空間があるとお友達が遊びに来た際も重宝すると思います。また家族で寝る空間としてもこの子ども部屋は活躍してくれると思います。夫婦の寝室で家族みんなで寝るという家庭も多いと思います。

    しかしいざそれぞれの部屋で一人ずつ寝なさいと言っても慣れない部屋での睡眠は落ち着けないものです。子ども部屋の広々ワンルームで家族みんなで寝ていれば例え子ども達だけで寝るようになっても、いつも寝ている場所なので安心できます。
    成長しそれぞれの個室を必要とし始めた時でも一人で寝ることに違和感を感じないことでしょう。

    個室を設けてもそれぞれの空間が快適に過ごせるようにドアや照明、窓、クローゼットなどは最初から二つ設けておきましょう。いつ個室にしてもそれぞれの空間が居心地のいい空間となることでしょう。

    ワンルームを二つの個室にする場合は可動間仕切りを使用するといいと思います。この可動間仕切りに収納スペースが設けられたものがあります。
    この可動間仕切り収納を活用すると物をしっかりと収納でき圧迫感を感じない子ども部屋になりそうです。変化に対応できる子ども部屋でありたいものです。